りらくしん(豪徳寺/ラーメン) 世田谷に残る昭和な風景に突如現れる二郎インスパイア系

りらくしんの味噌ラーメン

「りらくしん」は、いわゆる二郎インスパイア系のラーメン屋だ。豪徳寺の駅から少し離れた住宅街の中に突如現れる不思議な立地である。

豪徳寺というと世田谷の中でもわりと年寄りの多いエリアで、駅前の商店街も昭和の雰囲気を今も漂わせたエリアだ。

そんなエリアに二郎系というハードコアなスタイルが受け入れられるのかという疑問を抱きがちだが、ところがどっこい「りらくしん」はけっこう繁盛している。営業時間が短いせいもあるが、時には行列もできるほどなのだ。

店舗情報

豪徳寺のラーメン店「りらくしん」の外観

店名:りらくしん
住所:東京都世田谷区豪徳寺1-5-1
営業時間:11:30~13:30、18:00~20:00(スープ切れの場合は早まる)
定休日:日曜、月曜

東京都世田谷区豪徳寺1-5-1

店内の様子

店内はキッチンに面したカウンターと店の奥に2席の狭いカウンター席があり、合計10席ないくらいだ。

店の入口には自販機がある。わりとマッチョな感じの店員さんに見つめられながら食券を買う形になるのだが、予想外に圧があって、もう少しゆっくり選ばせてほしいなと少し思った。

それなりにお客が多いので、時には店の外で待つことも。豪徳寺は小田急線沿線の中でもこじんまりとした、住宅街寄りの駅だが、平日の昼間でもそれなりに混雑しているのが意外だ。

一軒家の一階を改装した外観、木をベースとした落ち着いた内装、割りと暗めの照明で、男性客が一人で淡々と食べられるような雰囲気となっている。

メニュー

豪徳寺のラーメン店「りらくしん」のメニュー

メニューはラーメン、味噌ラーメン、つけ麺、味噌つけ麺の4種類。小・中・大のサイズによって値段が変わる。トッピングは味玉、バター、のりの3種類。ラーメン(小)が750円、小サイズなら味噌ラーメンは800円、つけ麺850円、味噌つけ麺900円となる。

ラーメン二郎と同じく、ニンニク、野菜、脂、カラメを選択でき、スープもこってり、普通、あっさりか、麺は太麺か平打ち麺かを選べる。

この日は「味噌ラーメン」の小サイズのニンニク、野菜マシ、こってり、太麺を選択。この店の推しは平打ち麺のようだが、なんとなくオーソドックスな二郎系の麺が食べたくて太麺にしてしまった。

待つこと5分くらいで「味噌ラーメン」が到着。運ばれてきた瞬間、小サイズにしてよかったと思った。小サイズでも、一般的な大盛くらいのサイズはある。二郎系の文脈など知らないであろう豪徳寺の一般客は度肝を抜かれるに違いない。

豪徳寺のラーメン店「りらくしん」の味噌ラーメンの麺(太麺)

スープは唐辛子が浮いていて局面では辛さを感じるが、乳化した甘みと相殺されることもあって、激辛と言うほどではない。分厚いチャーシューはニンニクと相性抜群で、スープに良く浸けて口の中に放り込むと、旨味が爆発する。

豪徳寺のラーメン店「りらくしん」の味噌ラーメンスープ

それにしても量が多い。半分くらい食べたところで、「このくらいの量でもいいな」と思ってしまったがどうにかこうにか完食。

りらくしんの味噌ラーメンを完食

個人的には、小サイズ(300g)でこのボリュームなので中サイズ(450g)の完食はまず無理である。二郎系に慣れていない方や、年齢的な問題でデカ盛りがキツい方はまずは小サイズから始めることを強くオススメする。

豪徳寺の昭和的な風景ももうすぐ見納めなのか

昭和な風景の中に少しづつ新しい店が増えてきた豪徳寺商店街

豪徳寺は駅前の商店街も完全に昭和な雰囲気だったが、ここ数年で店も入れ替わり、だんだんと現代的になりつつある。とはいえ、住民の平均年齢は高止まりしており、来るたびに年寄りだらけの街だなと思う。

「りらくしん」は豪徳寺の中でも今も昭和な一面をより色濃く残す都道423号線沿いにある。が、この通りは近い将来、区画整理の対象となっておりもっと太い道になってしまうらしい。
都道423号線沿いにある観賞魚の店なおい

都道423号沿いにあるビリヤード太陽

いくつかの店は立ち退きを迫られることになるのかもしれない。「観賞魚の店 なおい」「ビリヤード太陽」など、店の外観だけで僕らを昭和へとタイムスリップさせてくれる店も取り壊されるのだろうか。

世田谷線と小田急線、そして環七に囲まれた四角い一帯は、車が入りづらいことから、世田谷区の中でも奇跡的にのどかな風景が残っているエリアである。

そんなエリアに何をいまさらという気もするのだが、世田谷線と車通りがほとんどない豪徳寺の商店街だけはすでに世田谷文化遺産なので、いつまでも残ってほしいと思う。

The following two tabs change content below.
世田谷のリアルなローカル情報をまとめたストリート系WebZINE(笑)です。世田谷区のハイパーローカルなカルチャーやムーブメントを伝えたいと思っています。

平日はWebメディア編集の会社員。DIY精神を感じる音楽と格闘技観戦、海外放浪が趣味です。

現在フォロワー0人ww
悲しいww

2017年11月30日豪徳寺のラーメン

Posted by setagayaZINE